事業の運転資金にも

マンション

不動産担保ローンは、不動産を担保としていることから、低金利で融資を受けることができる仕組みになっています。また、その使い道は利用者の自由なので、個人で利用のほかにも、事業の運転資金として利用されることも多いローンになっています。使っていない不動産がある場合には、新たな資金集めの手段として活用することをオススメします。事業を行なうには収益をあげる前に、まず投資をしなければなりません。その投資をするためには、多額の資金が必要になります。そのため、支払いなどのキャッシュフローにズレが生じてしまうと、その資金集めには大きな苦労を要すると考えられます。不動産担保ローンは、こうしたキャッシュフローのズレを埋めるための短期の運転資金として利用されるケースも多いのです。

銀行系の金融機関で不動産担保ローンを利用した場合、利息の下限が4パーセント前後での設定になっています。更に低い下限利率を設定しているところもあります。一般の無担保ローンがだいたい10パーセント前後での設定利率となっていることを考えると、かなり有利な借入れをすることができるといえるでしょう。このように低金利でお金を借りられることは、効率的な資金管理ができることに繋がります。個人の場合でも、手元に現金を用意することができれば、自身や家族の生活を更に向上させることができます。住宅や車の購入、お子さんの学費などには多額な資金が必要になることを考えると、不動産担保ローンのように、低金利で大口の借入れができる方法についても知っておくことが大切です。

Copyright© 2017 どこも同じではない!メリットの多いキャッシングを選ぼう All Rights Reserved.